読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 ハワイランニング3 3月24日

こんにちは。石田智巳です。

 

今日は,ハワイランニング3であり,ハワイ旅行4日目の様子です。

娘も何とか回復しました。

写真は,ホテルの30階の部屋から見た風景。

いわゆるマウンテンビューで,右(東)を見るとダイアモンドヘッドも見える。

 f:id:tomomiishida:20160329104433j:image

では,どうぞ。

 

今日も早くに起きるが,ややこしいメールが2件入っていて,それの処理をするのに時間がかかった。

そこから朝8時すぎに走りに行く。

 

朝8時といえば,ワイキキの朝はもうハイシーズンそのもの。

泳ぐ人,歩く人,ビーチバレーをする人,サーファー,そして走る人が相変わらず多い。

f:id:tomomiishida:20160329104224j:image

その人たちも,平日の朝走っているわけだから,僕と同じ観光客なのだろうか。

 

今日は,ダイアモンドヘッド内には入らず,ダイアモンドヘッドの周りを一周するように走る。

走る前の見積もりでは8~9キロぐらい。

果たして,ダイヤモンドヘッドに入るところを過ぎると,下りが続き,カピオラニ公園の反対側(北側)に出た。

そして,そのままワイキキに戻るが,8キロちょっとだったので,ワイキキビーチの前カラカウア通りを走る。

ものすごい人なので,折り返して,尺を足して10キロにする。

 

この日は娘もまだぐだっとしており,息子も夜遅かったのでまだ眠そうにしている。

そのため,僕は妻とワイキキを歩いて回り,子どもたちとは昼前に行動開始。

今日は,13番のバスに乗ってダウンタウン(チャイナタウン)方面へ。

目的は中華料理ランチ。

 

午前中に歩いているときに,ワイキキのキングスタウンだったかに,餃子の王将なるお店があった。

f:id:tomomiishida:20160329100633j:image

少し怪しい餃子の王将だ。

餃子も,鉄鍋餃子,水餃子,チーズ餃子となっている。

で,僕らがダウンタウンで入ったのは,下のお店。

通りがかりにあって,ふらっと入った。

 f:id:tomomiishida:20160329100700j:image

ヌードルハウスと書かれているが,メニュー(全部英語)を見て,基本は焼きビーフン(?)だった。

もちろん,普通の中華料理だけど。

ここは日本語が通じないお店だった。

f:id:tomomiishida:20160329100720j:image

ヌードルハウスと書かれていたので,汁麺を食べることに。

数少ない汁麺は,鴨の焼いたのがぶつ切りになって乗っている。

醤油ベースのとてもおいしい汁麺だった。

僕は,ハワイでは日本食を食べないと決めていたので,あえてラーメンではなく汁麺に。

f:id:tomomiishida:20160329100737j:image

これは,娘が頼んだ餃子。

写真を撮る前に食べてしまった。

8個で8ドルだが,おいしかった。

ニンニクはなし。

 

別のテーブルの人に届いたのを見て追加注文。

メニューを見てもどれが餃子なのかわからなかったので,僕の知っている数少ない中国語で注文。

「ジァォズゥ」という感じの発音。

そしたら,店員さんが,「OK,ギョーザ」というので拍子抜け。

 

f:id:tomomiishida:20160329100750j:image

これは,シーフードの八宝菜のようなものだ。

超高級品で,編んだ麺をあげて作ったお皿に乗っている。

 

食べ終わって,アロハタワーに行く。

f:id:tomomiishida:20160329100820j:image

 

f:id:tomomiishida:20160329100838j:image

エレベーターには,日本語も。

ただで上れるが,鞄の中をチェックされる。

f:id:tomomiishida:20160329100906j:image

東側の海。

f:id:tomomiishida:20160329100938j:image

これは南側。

f:id:tomomiishida:20160329100921j:image

展望台でエレベーターを待っていると,昔ながらの針で階を表示する方式だった。

f:id:tomomiishida:20160329101008j:image

そして,イオラニ宮殿まで歩いて,反対側にはカメハメハ大王像。

f:id:tomomiishida:20160329101023j:image

娘は2年生の時の音楽会で「南の島の大王は,その名も偉大なハメハメハ~」を演奏していた。

ここから,バスに乗ってワイキキに戻り,ちょっと休憩して海へ。

f:id:tomomiishida:20160329101105j:image

f:id:tomomiishida:20160329101115j:image

はい。

子どもは喜びました。

やっぱりハワイは海だ。

 

夜はガーリックシュリンプ,ハンバーガー,ロコモコ丼などを食べた。

 

ところで,僕はCDを1枚だけ持って行った。

それがこれ。

 f:id:tomomiishida:20160329103910j:image

「ブルーハワイ」という映画のサントラ盤。

初日に娘が服を買ったアロハシャツ屋さんにもこのジャケットのコピーが貼ってあった。

このCDは24年前にハワイに来たときに,買ったもの。

他にも90年ワールドカップサッカーローマ大会のときの「3大テノールの夕べ」も買った。

 

エルビス・プレスリーは,広島の本通りのレコードやさんでカセットテープを買ったのが最初。

これは気に入っていたが,残念ながらブランクができて捨てた。

英会話用のカセットデッキに入れておいたら,録音可能な状態になっていて,上書きされてしまったのだ。

 

協力隊でミクロネシアに行った最初は,中国系ハワイ人と一緒に暮らしていた。

上司に当たる人だが,この人がエルビスの「Aloha From Hawaii」というレコードを持っていたので,時々聞いていた。

すぐに現地の人の家にホーム・ステイすることになったが,このレコードは僕をエルビス好きにした。

日本に帰ってからは,この「Aloha From Hawaii」のVHSをレンタルして見たが,かっこよすぎた。

 

こうしてエルビス好きの僕は,ハワイに来てこの「ブルーハワイ」を買った。

これは映画のサントラ盤なのだが,この映画を見たのはその後10年ほどたった和歌山にいた頃。

その頃,CS放送でエルビス映画の特番をやっていて,DVDに焼いたのだが,昨日見つけて少し見た。

映画そのものはエルビスが出てきて歌うだけのおもしろくない恋物語

やや白人中心的というか,今でいえば差別的に見えてしまう。

 

で,この中には,ブルーハワイ,アロハ・オエ,ハワイアン・ウェディングソング,好きにならずにいられない,などの有名な曲があるが,僕が猛烈に気に入っていたのがロカ・フラベイビーという曲。

 

で,なんとこのCDをホテルのプレーヤーに入れたまま,ケースだけを持って帰ってきてしまった。

そしたら,妻が新しいCDをアマゾンで注文してくれていた。

それがこれ。

f:id:tomomiishida:20160329104044j:image

なんと,ボーナストラックが8曲あり,前のが14と書かれていたのに,新しいのでは22曲もある。

録音状態もよく,おまけにボーナストラックには,ロカ・フラベイビーもあった。

日本版は,解説もつくし,対訳もつくのでとても親切。

これはよかった。

 

ということで,この曲を聴きながら,タコとマグロのポキを食べてワインを飲むみました。

 f:id:tomomiishida:20160330070736j:image

ということで,ハワイランニング3日目でした。 

10.15キロ ペースはキロ5分14秒

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/