読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 ハワイランニング1 3月21 日

こんにちは。石田智巳です。

 

またまた1週間ぶりの更新となりました。

先週は,1週間(5泊7日)ホノルルにいました。

ハワイでも走ったので,その記録です。

今日は初日の夕方の記録になります。

ついでにハワイの滞在記もあります。

 

写真は,ホノルルの公園にはどこでもある「この木何の木気になる木」です。

カピオラニ公園からワイキキビーチを見たところにありました。

f:id:tomomiishida:20160328072022j:plain

なお,写真があんまりありません。

では,どうぞ。

 

3月20日は卒業式。

下の写真は,ゼミ生。

女子のみだが,男子もいるよ。

f:id:tomomiishida:20160328072229j:plain

卒業式を終えて,大学から京都駅,そして,特急はるかで関空へ。

上の写真にも,はるかがいます。

 

夜8時発のデルタDL278でホノルルへ向かう。

日本時間で午後8時発,約8時間のフライト。

離陸してしばらくすると,飲み物のサービス,そして食事が出される。

「Chicken or fish」と訊いているから,どちらかが選べるようだ。

 

昔なんかのCMで,飛行機の機内食を配っている怖そうなおばさんスチュワーデスが,まさに同じシチュエーションで「meat or fish 」と訊いてまわるのがあった。

そして,英語になれていないであろう日本人男性が,ドキドキしながら「meat please」といったら,仁王立ちのおばさんが,指を一本立てて,「fish only」とoに力を入れて言う。

何のCMかはわからない。

 

僕らの席は後ろの方だったので,これはもしかしたら?と思ったら,まさにその通りだった。

しかも,fishというが,中味は穴子ご飯。さらに,漬け物の巻き寿司も入っていた。

娘はがっくりして,マドレーヌのようなケーキしか食べず。

これが,娘のハワイ旅行の今後を暗示していたのかもしれない。

 

さて,飛行機は予定通りハワイ時間で25日の朝8時(日本時間26日朝3時)にホノルル空港に到着。

夜に出て,その日の朝に着くのが変な感じだ。

入国審査を受けて,外に出る。

最初にすることは,ホテルのあるワイキキに移動することだ。

 

実は,僕は24年前の4月に3週間ほどハワイにいたことがある。

休暇だったが,自分でコンドミニアムに手紙を書いて,電話でやりとりした。

たぶん1泊30ドルぐらいで泊まったと思う。

今回は,ホテルをインターネットで予約した。

今とは,時代が違う。

 

入国審査を済ませて,外に出るとシャトルバスのお誘いを受けた。

家族4人と荷物を入れて計算してくれた。

全部込みで往復料金で115ドルという。

シャトルだから乗り合いになるが,ホテルまで迎えに来てくれるという。

115ドルをどう考えるか。

思案するが,タクシーにした。

 

タクシーは日本のそれとは違って,すぐにメーターが上がり始める。

ホテルまでは20分ぐらい。

息子は眠くてしょうがない様子。

何しろ,日本では朝の3時なのだから。

ホテルまでは意外に早く着いた。

値段は43ドルだった。

これにチップ分をあわせて払っても,往復で115ドルもしない。

この選択はうまくいった。

115ドルは4人の値段だから,一人30ドルだとすれば,2人か3人で移動するならシャトルバス。

4人ならばタクシーということだろう。

今後のためにここに記しておく。

 

さて,ここからが大変だった。

ホテルのチェックインは午後3時だから。

仕方がないから,荷物を預けて,ワイキキを歩くことに。

ホテルは,日本語が通じる人もいる。

ハワイの観光地は,日本語が通じる。

 

ホテルは,ワイキキビーチの東端になるので,西に向かって歩く。

f:id:tomomiishida:20160328114955j:plain

娘は途中のお店で,いかにもハワイという服を買ってもらい,そのままその服で歩くことに。

その間息子は眠くて仕方がない様子。

なにしろ,日本時間でいえば,まだ未明だから。

さらに西に向かって歩き,アラモアナショッピングセンターに。

今はアラモアナセンターというようだ。

歩く選択は失敗だった。

ものすごい距離を歩いたことになる。

フードコートに行ったが,子どもたちはそこで1時間ほど寝ていた。

 

僕もあんまり食欲がなく,妻にハワイ料理のプレートを買ってきてもらい,それを二人で食べた。

値段は10ドルぐらいなのだが,とにかく量が多い。

ラーメンも10ドル,リンガーハットの長崎ちゃんぽんも9.99ドルと10ドルぐらい。

子どもたちもなんとか目を覚まし,センターを少しだけ見て,ホテルに戻ることに。バスで戻ったのだが,ものすごく遠いことがよくわかった。でも,歩いておけば,何となくわかるというものだ。

 

ホテルに戻ると,子どもたちは昼寝。

妻と僕とで,Food Pantry へ買い物に。

ホテルと言っても,コンドミニアムなので,料理ができる。

4口のコンロには,オーブンもついていて,電子レンジもあり,冷蔵庫も大きいので5日分のビールも入れておける。

巨大な肉と,サラダと調味料などとともに,ビールも買う。

 

一番安く売っていたのが,キリンの一番搾りで,12本で9.9ドルだった。いつも飲んでいるビールだが,これは安い。

しかし,考えてみれば,日本でいつも飲んでいるビールをハワイであえて買うことはなかった。

買い損ねたものは,近くのABCストアに。

ワイキキはABCストアだらけだ。

このとき,夕方の5時を過ぎていたので,僕は走りに行くことに。

 

スマホが使えないので,GPS時計をつけて走りに行く。

しかし,使えないのはインターネット機能であって,スマホのアプリは使えることがあとでわかった。

ハワイで20日の夕方というのは,日本でいうと21日の昼になる。

コースはとりえずワイキキビーチの前の道(カラカウア通り)を東に5キロ行って,そこで折り返して合計10キロというもの。

スマホを持って行かなかったのは失敗だった。

写真が撮れなかったから。

 

そして,カピオラニ公園を抜けて,ダイアモンドヘッドを左に見ながらいく。

途中でのぼりになって3キロ地点で下るが,そこからダイアモンドヘッドに沿っていくと,ダイアモンドヘッドへ入っていく道があった。

そして,そこが5キロちょっとだったので,次はダイアモンドヘッドに絶対行くぞと言い聞かせて,戻る。

 

走っている人は多くて,女の人で赤ちゃんをカートに入れて走っている人にも二人ほど出会った。

走るにはとても気持ちのいい季候で,気温はそこそこ高めだが風が吹くので暑さをそんなに感じない。

とても気持ちのいい走りとなった。

写真がないのがよくないね。

f:id:tomomiishida:20160328073200j:plain

ハワイでランニングといえば,ホノルルマラソンだが,ワイキキに泊まるならば,ダイアモンドヘッドランニングは絶対におすすめだ。

何しろ,季候がいい。

暑すぎず,風通しがよい。

そして,ワイキキビーチに出れば後は信号がない。

また、走っていると花の鮮やかさ,鳥の声などを直接感じることができる。

 

ホテルに戻って,シャワーを浴びて出てくると,子どもたちはまだ寝ている。

仕方がないので,巨大な肉を焼いてサラダとともに食べる。

もちろん,一番搾りも。

アンガスビーフという肉で,脂の少ない堅めの肉だった。

悪くはないけど,最上級の肉にすればよかった。

何しろ安いから。

途中で息子も起きてきて,肉を食べる。

娘は食べずに寝た。

 

僕も9時ぐらいには寝ていたが,夜中の1時(日本では夜8時)に目が覚める。

腹が減っていたので,外に出ていたが,開いている店は少なかったので,戻る。

そして,しばらく買っておいたラムをグァバジュースで割って飲んで寝た。

そしたら,娘がベッドの上で足が痛い,腕が痛い,頭が痛いと言い出す。

そんな初日でした。

 

ハワイランニング1日目

10.50キロ ペースはキロ5分24秒。

 

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/