読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 1月25日~31日

こんにちは。石田智巳です。

 

今日は,2月1日で月曜日ですね。

月曜日なので,ランニングの記録なのですが,1月の総括もしないといけません。

でも,今日は先週1週間の記録です。

では,どうぞ。

 

25日 月曜日

先週の日曜日(24日)は,時間がないなか,やや高強度の長距離走となった。

そのため,この日は疲れをとるため走らず。

0キロ

 

26日 火曜日

中一日あけて走ると足は重い。

疲れがとれていないというよりも,休んで足が重くなるパターンだと思った。

どっちにしても,水曜日に高強度のトレーニングをすることにしたので,今日は距離を短くする。

ゆっくり走るがあまり気持ちよく走れない。

最後に,100m程度のWSを3本入れて終わり。

5.00キロ ペースはキロ5分53秒

 

27日 水曜日

先週の水曜日に,高強度の走りを目指したが,全然走れなかった。

それでも,ダッシュの後の気持ちよさを味わってしまった。

マラソンまで2週間を切ったものの,なんとか再チャレンジしてみた。

目標はキロ4分15秒から20秒で5キロ以上。

前回はいきなりダッシュをしたので,今回はまず1キロのジョギングを入れて,そこからダッシュへ。

 

調整が効いているのか,足は重くない。

最初の1キロは4分6秒で速すぎ。

次の1キロは下りなので,これも速すぎで4分9秒。

だいたいそのぐらいのペースで行く。

しかし,それでは速すぎるのだが,なかなかペースを落とすのが難しい。

それでも,3キロを過ぎたときに,5キロはいけると確信する。

であれば,ペースを落とさなくてもいいので,上がらないことに注意をしながら,そのまま走る。

 

5キロをすぎて,6キロまでは道も平坦なので,いけるだろうと読むが,その後はとにかく無理をしないようにいく。

結局,6.7キロのところで終了。

7キロというキリのいいところへ向かおうとも思ったが,とにかく無理せず。

もし7キロを走っていたら,最後の300mはスピードが落ちたとしても,かなり速かったといえるだろう。

その意味では,ホッとした。

11.30キロ ペースは4分08秒(6.7キロ)

 

28日 木曜日

昨日の疲れをとる程度のジョギング。

はじめから4キロコースを選択。

足が軽かったら5キロでもいいかと思った。

実際に走りはじめてみると,ダッシュが刺激になったようで足が軽く感じる。

でも,ここはとにかくゆっくり,おさえていく。

2キロすぎになんとなく足が重くなってきたので,5キロコースは諦めて,4キロコースにしておいた。

最後はゆっくりでもややきつく感じた。

4.10キロ ペースはキロ5分57秒

 

29日 金曜日

この日は1日雨だった。

疲れをとるために走らなくもいいと思っていたので,走らず。

0キロ

 

30日 土曜日

補強運動のせいか(成果?),足とお尻の筋肉が張っている感じ。

今日もとにかくユックリ行くことが目標だったので,キロ6分のペースをキープして走る。

午前中に走るというのも久しぶりだったが,明るい(曇りだが)ときに走るのはいいね。

なんか考え事をしながら走っていたら終わってしまったという感じ。

10.30キロ ペースはキロ6分02秒

 

31日 日曜日

1週間後のこの日の朝に,マラソンを走る。

昨年の秋に肉離れをして,とりあえず奈良マラソンに出たけど,準備不足は否めない。

それで,今日は想定しているレースのペースよりも遅めで,でも2時間を越えて走ることにした。

時間走をイメージして,とにかく速くならないように,おさえていくことにする。

スタートして最初の1キロはキロ5分30秒。

いい感じで,このペースを維持していく。

12.5キロで折りかえすが,かなり楽。

 

20キロを過ぎてもまだ楽で,むしろペースが上がってくるので我慢をする。

そのまま,息が上がらないように25キロ走って終了。

明日からは疲れをとることにするが,もっとこのペースと距離の走りをやるべきだと思った。

ああ,つまり,速いペースで途中ダウンするよりも,時間を決めて,その時間走りきることをやるべきだということ。

疲れがとれるといいけど。

25.00キロ ペースはキロ5分24秒

 

先週は5日走って,54.7キロ。

割とメリハリのきいた走りとなった。

日曜日の25キロは,走りすぎかなとは思ったけど,呼吸も足もきつくなかった。

2時間15分だった。

今後,シーズン前にはこのぐらいの強度か,ビルドアップ走で最後は強度を上げて,2時間以上走るようなトレーニングをしたいところ。

速すぎて持たなくて,失敗が多いので。

 

さて,来週はマラソンに出るので,今週は強度を上げずに調整をしよう。

幸い,月曜日の今朝は,足に疲れを感じてはいない。

 

うまくいくことを祈ります。

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/