読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

GPS時計対決2-EPSON SF810 vs. GARMIN 220j

こんにちは。石田智巳です。

 

1ヶ月ほど前に,GARMINのForeathreat 220jが見つかったことを書きました。

これが見つかったので,スマホもあわせると僕はGPS時計を4つ持っていることになります。

ひとつは,使っていないのですが。

今日は,思い立って2つの時計を比較してみることにしました。

では,どうぞ。

 

f:id:tomomiishida:20150928154257j:plain

無くなっていたガーミンをみると,6月29日の記録が最後であった。

2ヶ月と10日ほど忘れ去られたようになっていた。

電源を落としてはいなかった。

それでも,出てきたときにはバッテリーがまだ67%残っていた。

なかなか優れものだ。

 

こうなると,このガーミンとエプソンSF-810のどっちを使うのか迷う。

当然,どっちも使うのだが,ある種の傾向を比較して確認しておこうと思うのだ。

エプソンをつけていて思ったのが,1キロだと思っている場所よりも手前で1キロのラップ音がなると感じている。

この場合,トータルでは距離が長くなる。

2代目ガーミン(GPS時計)の話-iPhoneとの対決もあります

においては,2つのGPSの比較をした。

スマホの方が1キロに要する時間が短かったことを覚えている。

だとすれば,エプソンiPhoneの違いも確認する必要があるだろう。

それはまた別の機会に。

 

GPSの機能の比較の前に,比較しておきたいのは,画面である。

ガーミンは画面が3分割されていて,自分の好きなようにカスタマイズできる。

僕はなくなる前は,上から,距離,ラップペース,平均ペースとしていた。

ガーミンは,2画面用意されていて,だから走った時間が知りたい場合は,もう一つの画面にストップウォッチを表示しておいて,走りながら画面を切り換えればよい。

それと,もう一つ,時計の画面にもなる。

 

エプソンは,1画面は2分割であって,やはりカスタマイズできる。

しかし,4画面もある。

僕はいつもは,ラップペースと距離を表示している。

これは好みかもしれない。

 

エプソンには心拍数を計測する機能もある。

その分なのか,ガーミンに比べると若干重い。

というか,ガーミン220jは軽い。

これはガーミンの勝ち。

しかし,心拍数はキチンと測れると,かなり有用なデータとなる。

 

もう一つの大きな違いは,GPSをキャッチする時間だ。

これは圧倒的にガーミンが速い。

ボタンを押したら15秒ぐらい。

エプソンは1分から2分程度かかる。

これもガーミンの勝ち。

 

走り終わった後,PCにつないでデータを見ると,これはもうエプソンのデータの方が細かい。

手元にも表示させられるが,ペースや時間,距離,時刻などのほかにも,ピッチ,ストライドまで表示されるのだ。

当たり前だが,ペースが速い方がストライドも長い。

 

では,肝心のGPSの比較である。

 

なお,この日(9月14日)は,月曜日であった。

月曜日はいつもなら,日曜日の長距離走の次の日にあたるので,軽くジョグなのであるが,13日の日曜日は娘の誕生日であり,しかも東京に行っていた帰りで,12キロしか走っておらず。

そのため,この月曜日は10キロをいつものジョグよりも若干速めのでいく。

さっそく走ってみた。

 

その結果が以下の表。

驚くことに,最初の1キロの誤差が大きい。

エプソンがラップを刻んでから,9秒後にラップ音がした。

そのため,最後の300mぐらいが12秒ずれたのは仕方がない。

2キロから10キロぐらいまでは最大で5秒の差であって,あとはそんなに変わらないとすると,最初の一キロは,明らかにGPSを失ったことになる。

それと傾向としては,ガーミンの方がやや1キロの時間が長いようだ。

 

   表 両者の比較

  ガーミン220j エプソンSF810
1 5分44 5分35
2 5分26 5分25
3 5分33 5分36
4 5分34 5分30
5 5分30 5分30
6 5分27 5分29
7 5分20 5分21
8 5分25 5分25
9 5分24 5分19
10 5分18 5分20
10.3? 1分30 1分42
時間 56分12秒 56分12秒
平均 5分28秒6 5分26秒88
距離 10.28キロ 10.316キロ

 

 

そして,最終的に表示された距離は,ガーミンが10.28キロで,エプソンは10.316キロ。

これをどう見るのか。

実は,何度も何度もこのコースは走っていて,GPS時計のほかにも,スマホを持って走ったりして,このコースは10.30キロということにしている。

ということは,2つの時計の差は36m分となっているわけだが,10.30キロだとすれば,ガーミンが20mほど短く,エプソンが16mほど長く表示されたということで,誤差で考えればたいしたことはない。

やはり,傾向として,ラップを刻む際の長め,短めがあるということだろう。

 

次は,エプソンiPhone5との比較だ。

でも,おそらく,何回か走れば,そのたびに誤差が出るので,どっちがいいというような比較はやめておこう。

でないと,比較によって好き嫌いが出てきてしまいそうなので。

 

気持ち良く走れるように表示してくれる時計がいいですね。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/