体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 9月の記録

こんにちは。石田智巳です。

 

今日は9月のランニングの記録を振り返ってみたいと思います。

印象ですが,9月は例年に比べて暑さがきつくなかったように思います。

だから走れたのかとなるとそれは別問題かもしれません。

 

さて,京都マラソンに申し込んでいましたが,落選しました。

2月20日の土曜日は広島に行くことになったので,ぴりぴりせずにすみます(負け惜しみですが)。

f:id:tomomiishida:20151006124321p:plain

ふ~。

 

では,どうぞ。

 

先に,昨年の9月の記録を見ると,20キロ走を2回やっている。

でも,水曜日のスピード練習はうまくできていない。

これはやはり暑さの影響と,腹を空かして走ったので,走れなかったこともあると思う。

で,昨年の9月はトータルで279.8キロとよく走っている。

ただ,記録を見るだけではメリハリなく,10キロ走が多いという感じ。

でも,よく走っているなあ。

 

さて,今年の9月である。

トータルの距離は,251.18キロである。

距離的には短いのかもしれないが,今の僕にはこのぐらいかなと思う。

 

というのも,メリハリをつけることを目的にしているのだが,中旬の週には,月曜日に10キロ(5分26秒ペース),水曜日に10キロ(6キロを4分14秒ペース),金曜日に10キロ(4分57秒ペース),そして日曜日に24キロ(23キロを4分50秒ペース)で走り,その他の日も毎日走った。

トータルで,76キロ走ったのだが,次の週に腰に来た。

 

だから,その次の週,つまり先週は70キロを越えないように,調整した。

そのために,ポイント練習以外の日の総距離を5キロ~7キロに落とした。

そのかわり,ポイント練習に集中できるようにするためだ。

 

ポイント練習は,前半は暑さのために,3キロダッシュとか,3キロ+2キロとか距離は短くともペースをうんと上げて行った。

後半は,7月に行っていた8キロ走(4分15秒ペース)もできた。

ここで気づきがあったのだが,ペースは呼吸でつかむのがいいようだ。

息が上がるようでは距離はもたないので,一定,呼吸ができるペースが心拍的にもきつくならないペースなのだろう。

これは,また感じながら走ってみるしかない。

 

また,長距離走も3回行ったが,ペースとしても去年よりも速いペースで行えていた。

ただ,20キロを過ぎると水分・塩分・糖分が抜けてしまうので,これをうまく確保することが大切になる。

 

さらに,金曜日にキロ5分ぐらいのペースで10キロというやや中途半端なポイント練習を入れてみたのもよかった。

これは,足の調子でペースはゆっくりでもいいのだが。

 

さて,10月は走り込みもしたいところだが,この9月につくった練習のペースも続けてみたいところ。

もし変えるとするならば,水曜日のダッシュを長距離に変えることになるのか。

どうしよう。

 

でも,10月には30キロ走をやるので,それに向けた調整をしていきたいです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/