体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

確定申告の話

こんにちは。石田智巳です。

 

今日は,確定申告に行ってきたときの話です。

役所に行くと,たいてい一度で用事を済ますことができません。

なかなか大変でした。

では,どうぞ。

 

3月某日は,朝から授業もなければ会議もない。

予定がないので,確定申告に行くことにした。

僕は自分の職場以外で,非常勤講師とかをしていない。

だから,確定申告へは普通は行かない。

 

以前に確定申告にいったのは,いつのことだろうか。

少なくも,和歌山の時もいっていない。

和歌山には大学が少ないしね。

 

で,朝から行くつもりでいたが,朝の頭がクリアなときに,そうやって時間を使うのはもったいない。

だから,一仕事をして11時過ぎに家を出た。

場所は,県庁のそばで,案内を見ると,近鉄奈良駅から徒歩8分。

だから車で行くことにした。

 

すぐ近くに駐車場があるのだが,これが面白い。

というのは,平日は2時間無料なのだ。

それはまさに,役所に来る人のための駐車場となっている。

しかし,役所が休みの日は,1回1000円なのだ。

観光客相手の駐車場になる。

なにしろ,奈良公園の前で,東大寺春日大社興福寺にも行けるし,ならまちへも近い。

 

源泉徴収票と,銀行から送られてきた封筒を持って出かけた。

駐車場では並ぶこともなく,すんなり入れて,そこから税務署に向かう。

目的を同じくする人が歩いているが,そんなに多そうな感じではない。

大きなプレハブのような建物と,普通の庁舎という感じの建物の間を歩いて行くと,声をかけられる。

相談のある人は右(プレハブ)へ,提出の人は左(庁舎)へ誘導している。

 

ということで,プレハブへ。

入ってみるとびっくり。

遊園地の乗り物を待つ人だかりのように,たくさんの人がいる。

f:id:tomomiishida:20150304111507j:plain

でも仕方がない。

少し我慢すればすむのだからと思い,本を読みながら並ぶ。

 

30分ぐらいすると,自分の番が来る。

たくさんのブースのようになって,そこに一人ずつ相談に乗ってくれるというか,アドバイスをしてくれる人がいる。

あいた人が手を上げて合図をしてくれるので,そこへ行く。

この人たちは,お昼だからといってご飯休憩というわけに行かないのだろうなあ。

大変だ。

 

さて,とりあえず源泉徴収票と銀行からの封筒を見せる。

そしたら,大きな封筒をくれて,封筒に書かれている「これと,これと,これと,これと,これがいりますよ」といわれた。

そのうちの一つだけ(銀行からの封筒)を持ってきたのだった。

30分並んで,1分もせずに終わるところだった。

で,もう一度並ぶのが面倒なので,自分で書いて提出したいので,その用紙をお願いすると,PCでできるという。

なるほど。

 

帰る途中で,必要な住民票をとりにいく。

これは,市役所だけど,打ちの近くに北部会館という出張所があるのでそちらへ行く。

住民票にも苦い思い出がある。

 

引っ越しをして住所変更があったので,それを大学のキャンパス事務課というところへ届け出ると,住民票がいるという。

よく読まずに,とりあえず北部会館に取りに行った。

そして,提出した。

そしたら,「続柄」が入っていないので駄目だった。

そこでもう一度取りに行ったのだ。

 

その住民票は,大学においてあるので,取りに行けない。

そこで,仕方がないから北部会館に取りに行った。

これで,住民票に300円×3通分かかったことになる。

 

家に帰って,必要書類を探す。

住宅取得にかかった書類は,全部まとめてあるからその中にあるはずだ。

登記書もある。

売買契約書もある。

 

しかし,封筒の最初に書いてある書類がない。

どこを探してもない。

と思ったら,税務署でもらった封筒にあった。

だから,この書類に自分で書き込まなくてはいけないのだ。

すぐにわからなくなった。

 

とりあえず,PCの前に座って,国税庁の頁に入り,申告署を作成する。

そこで,青色だとか白色だとかあるから,また迷う。

僕はホワイトカラーか?ブルーカラーか?

と思いながら,全く違うことに気づいた。

 

そして,かなり困りながらも進めていくと,書かなくてはいけない書類も,打ち込んでいた。

これをプリントアウトして,再度税務署へ。

それが,3時50分。

娘がそろばんに行く時間なので,一緒に家を出た。

 

途中,コンビニによって,契約書のコピーをとってから税務署に行く。

印鑑も持ってきたし,完璧。

提出する場所はすいていて,封筒に入れて提出したら,チェックしてくれる。

ところが。

 

ところが,登記書が原本でないという。

原本を提出せよという。

でも,原本を提出したら,あとで困るじゃんと思いながら,登記書はどこに行けばとれるのかを訊く。

要するに,住民票をとるようなものなのだ。

その場所は,法務局だという。

なるほど,で,法務局はどの建物の何階にあるの?と訊く。

 

のんびりした女性が,地図を探して持ってきてくれた。

奈良教育大学のところにある。

庁舎の中にないのだ。

今,4時半を過ぎたところ。

間に合うか?

 

間に合っても間に合わなくても,とにかく必要なので,取りに行く。

奈良公園の中を通って,車を飛ばす。

法務局に着いたら,とりあえずコピーは持っていたので,これをくれという。

すぐに出してくれて,印紙代を払う。

これが1200円。

 

急いで,車に乗る。

4時47分。

間に合う。

 

今日3度目の訪問で,ようやく提出完了。

f:id:tomomiishida:20150304111740j:plain

お疲れ様でした。

来年も同じ目に遭わないように,こうやってブログに残すとともに,Evernoteにも残しておくのである。

 

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/