体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 2月2日~8日

こんにちは。石田智巳です。

 

今日は,月曜日なのでランニングの記録です。

先週の日曜日に木津川マラソンを走りましたが,今ではずいぶんと前のことのように思えています。

では,どうぞ。

 

2日 月曜日

マラソンを走り終えた夜,寝ていると左膝が痛くて,寝返りも打てない。

こんなことは初めてだった。

そこで,朝病院に行く。

しかし,何もなく,ただ,靱帯が擦れて炎症を起こしているだけとのこと。

とりあえずロキソニンテープをしておく。

マラソンの次の日には走れない。

0キロ

 

3日 火曜日

膝はまだまだ痛い。

朝,大学で仕事をして,この日は夜4ゼミの飲み会。

大ジョッキで乾杯!

 
f:id:tomomiishida:20150209104901j:plain

ゼミ生のFBに写真がアップされているが,寄せ書きの書かれたTシャツとジャージの上下をもらった。

うれしいものだ。

みんな,ありがとう。

ランニングはなし。

0キロ

 

4日 水曜日

だいぶ楽になってきたが,ここで無理して走ることはない。

だから,次の日に走ることを決めてなし。

0キロ

 

5日 木曜日

今日は朝から走ると決めていたので,足も気持ちも夕方に備える。

この日は結構寒かったが,走ると決めたら走る。

中3日。

大学にいたので,体育館まで歩いて移動。

そして,更衣室で着替えて外に出ると,何と雨。

雨というか,みぞれというか。

 

筋肉痛は残っていたが,ランニングシューズを履くと全く問題はない。

問題は雨だった。

走り始めるとどんどん強くなってくる。

何でこんな修業のようなことをしないといけないのだろう,なんて思ってしまう。

手袋も分厚い布の手袋だったので,濡れてベタベタになる。

 

ペースは6分をとにかく割らないように気をつけて走った。

その意味では,イーブンペースのジョグになった。

雨は折り返しとともに弱くなってきて,大学に戻ってくる頃にはやんだ。

雨が降っている間走っていたことになる。

7.75キロ ペースは6分5秒

 

6日 金曜日

この日は和歌山に移動だったので,大学から帰って支度をして出かけたため走れず。

0キロ

 

7日 土曜日

朝起きて,アバロームきのくにを起点に走り出す。

紀の川大橋を渡って,河川敷に降りて,和歌山港に向かう。

そこから,また橋を二つ渡って北に向かう。

最後はお城を見にいって帰る。

 

ペースはキロ6分5秒からスタートして,5分50秒ぐらいを維持しながら,5キロぐらいから徐々に上げて,最後は5分13秒。

朝にしては気持ち良く走れた。

 

紀ノ川の河川に降りたのも,和歌山港のところの橋を渡ったのも初めてだった。

和歌山にいたころも,海南やマリーナシティなんかはよく走ったが,和歌山市はぜんぜん走っていないことに気づいた。

和大は論外にしても,和歌山は山がないし,川も海もあるから走るのにはいいところだ。

もっと走っておけばよかった。

8.37キロ ペースは5分38秒

 

8日 日曜日

白浜から帰って走る。

日曜日になるとつい長距離を意識してしまう。

しかし,疲れていたこともあるし,マラソンから1週間後だし,10キロを走ることにした。

 

それにしても,いつもの10キロコースだが,ここを走るのは久しぶりのような気がする。

そもそも,マラソンが終わってから家の周りを走るのが1週間ぶりだ。

足はとても軽い。

最初は6分のジョグで行くが,5キロぐらいから徐々に上げていく。

最後の1キロは5分0秒で。

白浜での疲れはあったが,とても気持ち良く走れた。

10.28キロ ペースは5分35秒

 

先週は,3日走って,合計26.4キロ

無理もせずにそれなりの距離を走ることができた。

 

最初にも書いたが,今となってはマラソンを走ったことも,その次の日の膝の痛みも全く忘れている。

回復したということだ。

それにしても,次のレースがないのがいたい。

 

前にも書いたが,なんかにエントリーしようかな。

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/