体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

今日は木津川マラソンの日です 肝臓は悪くない!

こんにちは。石田智巳です。

 

昨日のブログは,やらかしたという感じで,綴方ミニ講座となってしまいました。

研究の対象としてみれば,僕が参照した峰地さんの資料よりもあとに,様々な研究の成果が出てくるため,今の常識と少しずれるところがあるかもしれません。

そこは,まあご勘弁を。

 

で,今日は,その続きではなく,体調に関わった話です。

何しろ,今日は木津川マラソンの日ですから。

では,どうぞ。

 

約3週間前に,風邪(インフルエンザではない)をひいて,体調を崩した。

夜に病院に行って,その後1週間走らず,飲酒もせずで,安静にした。

僕は飲んで走るのがよくない(飲んだ直後に走るわけではない)と思っていた。

というのも,とにかく走ると右脇腹に痛みが出て,きつく走れば走るほど痛くなって走れなくなるのだ。

たいてい,その前の日に飲酒しているし。

 

それで,痛めた肝臓をお酒で消毒をするから,さらによくないのだと思っていた。

あまりに気になるので,病院に行って検査を受けた。

血液検査の結果は,赤血球が少し少ない程度であとは全くの正常値。

こうなると,原因不明の肝臓痛で困る。

これは,僕も困るが医者も困る。

 

次は,甲状腺機能の検査と腹部エコー。

異常なし。

その日に診察してくれた医者(内科)は,こうなると疑われるのは背骨から来る病気だという。

脊髄に腫瘍があると,そこから肋骨の神経に痛みが出ることがある,という。

整形外科でMRが必要になるけど,どうしますか?といわれた。

つまり,整形を予約するかどうか訊いているのだ。

 

「いや,いいです。ただし,カルテにそう書いておいてください。」

そうすれば,次のときに整形外科にそれが引き継がれると思ったからだ。

 

でも,それにしても,痛みはあるのに原因がわからない。

これは困ったことだ。

かといって,血液検査2回,レントゲン,腹部エコーと時間もお金も使って,まだこれからというのでは困るので,最後の手段に出る。

ネット検索だ。

 

でも,これまでもずっとネット検索していた。

「ランニング」「肝臓」「痛み」

いろいろ出てくるが,よくあるのが子どもが走り始めて脇腹に痛みが出るやつ。

それから,肝臓が痛いのではなくて,横隔膜が引っ張られて痛むというやつ。

 

そこで,「ランニング」「横隔膜」「痛み」で調べていて,おそらくこれだというのを見つけた。

それは,「肋間神経痛」だ。

ランニングの強度があがる=息が上がるときつくなるとある。

肩から背中の筋肉が張るとなりやすいという。

僕は,肩こりがひどくて,ピップエレキバンの輪っか(マグネループ)を首に巻いていた。

それをおそらく冬大会の風呂に置いてきてしまった。

 

肩こりがひどいときには,腰の痛みにもなったが,マグネループをしてから,全く無くなった。

なので,とりあえず,そいつを買ってこよう。

そして,また病院に行って詳しく聞いてこよう。

f:id:tomomiishida:20150131215044j:plain

ファイテンもあったが,何となく照れくさいので,黒い輪っかにした。

 

そして,前の日は家族でココイチでカキフライカレーと決めている。

なぜか娘はお子様カレー。

息子はカツカレー、妻はトマトカレーに決めている。

でもなぜかメニューはじっくり見る。

今回は,たっぷりアサリも入れた。

らっきょうのトッピングも。

f:id:tomomiishida:20150131215244j:plain

 

これがアップされるときには,マラソンは終わっていると思いますが,結果はまた別の日に報告します。

 

今回は,4時間は切って完走したいところですが,どうなることやら。

 

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/