読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

ランニングの記録 12月15日~21日まで とバッテリーが上がる話

ランニング,運動文化実践

こんにちは。石田智巳です。

 

奈良マラソンが終わり,シーズン最初の山場を越えました。

3時間36分というタイムは,昨年度の3時間44分ぐらいを大幅に上回るタイムで,なかなか満足のいくものでした。

しかも,それが難関奈良マラソンでの記録だから喜びもひとしおです。

しかし,喜んでいられたのは,次の日ぐらいまででした。

 

今日は月曜日なので,ランニングの記録です。

では,どうぞ。

 

先に書いておきたいことがあるので,その話から。

僕は,マラソンを走る前に,足も内臓もきついと書いた。

しかし,あるときに「これは走れる」という変な確信を持ったのだ。

 

それは,レースの2週間前の金曜日のことであった。

大学から家に戻って,子どもを駅まで送ろうとして,車にエンジンをかけるとかからない。

バッテリーが上がってしまったのだ。

これは「不吉な予感」,何を暗示しているのだろうか。

 

とりあえず,困った。

結局,土曜日の朝にもう一台の車でエンジンをかけて,車屋さんにバッテリー交換にいってきた。

問題はバッテリーを変えて,家に帰るときに判明した。

それは,カーナビがつかなくなったのだ。

電気系統がおかしくなったというのか。

 

それで,家に帰って,ネットで調べていたら,ありました。

僕のカーナビはパナソニックストラーダというナビだ。

バッテリーがあがって,ナビがつかないのでどうしたらいいか?という問合せがネット上に結構あった。

それで,カスタマーセンターのようなところに電話をすれば,自分で(車屋で)はずして,それを送れば無償で修理してくれるとのこと。

 

だから,電話をしてみたが,土曜日の午前中はつながりにくいのか,通話までいけない。

どっちにしても,ナビを外すのは車屋さんにやってもらわないとできない。

それで,諦めてしばらくほおっておいた。

そうしたら,カーナビは,起動の画面が出るようになった。

しかし,「HDDが異常です」と出る。

「異常なのは,僕ではなくてあなたです」と思ったりする。

 

ナビが壊れると,3つの支障がある。

①文字通りナビ機能が使えないのだが,地図そのものがみられない。

②音楽が聴けない。

③駐車するときに,バックにギアを入れても,バックモニターは「HDDが異常です」と出るだけ。

 

不便を感じながら,いろいろ忙しいのでほおっておいた。

そして,マラソン前の土曜日。

大学から戻って,夜,家族で会場の下見に行き、ココイチにカレーを食べに行く。

妻が運転をしていたのだが、駐車するのに手間取り、バックギアーに入れた状態でモタモタしていた。

助手席でイライラしていると、突然,ビートルズが歌い出し,バックモニターに足もとが映った。

 

電話が通じなくてよかった。

外さなくてよかった。

 

ということで,今も何事もなかったように動いている。

これで,「奈良マラソンは走りきれる」と確信した。

どうしても,ゲンを担いでしまうのだ。

マラソン前は必ず,ココイチの牡蠣フライカレーだし。

終わった後は,王将の餃子だし。

 

で,先週の記録。

15日 月曜日

両方の太もも部分が壊滅状態。

右足の爪がカラフルなクリスマスツリー状態に。

左足の裏が鉄板のように固く,痛い。

0キロ

 

16日 火曜日

同上

0キロ

 

17日 水曜日

同上

0キロ

 

18日 木曜日

ようやくマシになってきたが,雪が降る寒さで走るのは回避。

0キロ

 

19日 金曜日

太ももにまだ疲れがあったが,走ってみる。

そうしたら,太ももは単なる筋肉痛だが,左足のハムストリングが痛い。

なんというか,軽い肉離れのような痛みなのだ。

そのため,コースを変更して,5キロでやめる。

うちから,ちょうど5キロのコースを見つけた。

5.02キロ ペースは6分18秒

 

20日 土曜日

新宿に来ていて,昼間は大雨。

夜もこもって原稿を書く。

0キロ

 

21日 日曜日

四役会議を終えて,家に着いたのが夜の7時すぎ。

足は痛くないので,走ることにする。

ゆっくりと走ってみると,まあまあだった。

左足に違和感はあるけど,それほどでもないようだ。

ただ,怖くてスピードは出せない。

4.22キロ ペースは6分7秒

 

今週は2日走って合計が9.24キロ

普段の1日分しか走っていないことになる。

でも,過去のマラソンの後の1週間の走りを見てみたら,それぞれ木曜日と金曜日に走りはじめており,記録には「足の調子はまだまだ」と書かれている。

だから,あまり気にしないようにしよう。

とはいえ,肉離れのような痛みは気になるが。

 

ところで,あまりに走れていないので,日曜日はある試みをしたのだ。

走った距離は,4.22キロ。

これは,10分の1マラソンの距離なのだ。

それだけだが・・・・。

 

 

 

広告を非表示にする
http://tomomiishida.hatenablog.com/