体育とスポーツの日記

                      石田智巳が体育・教育,そして運動文化論と運動文化実践(主にランニング)について書いています。

わかっちゃいるけどやめられね。

実践記録

ドル平泳法の指導

こんにちは。石田智巳です。 今日はドル平泳法の指導についてです。 長野の小山吉明さんが,長野支部ニュースに書いていたのを読んで,記事を書く気になりました。 ドル平はうまく作ってあると思いました。 では,どうぞ。 7月20日の水曜日に,娘がプールに…

体育同志会の全国大会(熊本支援東京大会)その4

こんにちは。石田智巳です。 お盆に入って,行くところなしです。 息子の部活はお盆も一日しか休みがありません。 娘のバレエも山の日にもレッスンがありました。 娘はひらパーのプールで泳ぎまくっていたにもかかわらず,自らバレエへ行くといいました。 僕…

体育同志会の全国大会(熊本支援東京大会)その3

こんにちは。石田智巳です。 めずらしくブログが続いています。 今は,お盆休みだからなのでしょうね。 少し気持ちに余裕があるのだと思います。 今日は,1日目に器械運動分科会の報告を聞いたことを書きます。 では,どうぞ。 8月6日の一日目は,バスケット…

『たのしい体育・スポーツ』 1.2月合併号(№298) 堀江実践を読む2

こんにちは。石田智巳です。 今日は,昨日の続きで,『たのスポ』1.2月合併号の堀江実践を読みます。 昨日は,僕が知っている堀江さんの一面を紹介し,生徒の様子と剣道という単元について読んで,思ったことを書きました。 そして,よい点と課題について書…

教育のつどい(大阪府)3 上野山実践

こんにちは。石田智巳です。 今日もまた大阪府の高槻で行われた「教育のつどい」について書きます。 今日は,上野山さんの報告になります。 なお,大教大の久田さんの監修で,上野山さんも執筆している本が出ました。 ここで宣伝しておきます。 報告は,普段…

教育のつどい(大阪府)2

こんにちは。石田智巳です。 今日もまた大阪・高槻で行われた「教育のつどい」について書きます。 今日は,安武さんの次の報告の飛田さんの報告です。 では,どうぞ。 飛田さんの報告は,中学校3年生女子の実践であった。 なんと,「ハンマー投げ(ペットボ…

『体育科教育』1月号64巻1号を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は『体育科教育』2016年1月号を読んで思ったことを書きます。 前にも書きましたが,この号の特集は「生涯スポーツにつなぐ持久走・長距離走」です。 ランニングブームに対応しているわけです。 では,どうぞ。 『たのしい体育…

実践記録とナラティヴ・アプローチ-『体育科教育』1月号が出ました。

こんにちは。石田智巳です。 大学に行くと『体育科教育』1月号が届いていました。 この中の僕の連載で,宮城の矢部英寿さんの実践記録を取り上げています。 今日は,その話です。 では,どうぞ。 『体育科教育』が2冊届いた。 これは,大修館書店から直接送…

『体育科教育』12月号 連載について

こんにちは。石田智巳です。 『体育科教育』12月号が届きました。 この号は特集が,「スポーツ庁の発足と学校体育」となっています。 「スポーツ庁」については,もう少し勉強しないといけないなあと思って読んでいました。 でも,今日はこの雑誌に連載して…

『たのしい体育・スポーツ』 11月号№296 片本実践を読む2

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』11月号の片本実践の続きです。 前の記事では,4頁のうちの1頁分しか読めませんでした。 というか,1頁分読んだら頭が回転してきたので,収まらなくなって中断しました。 今日はその続きです。…

『たのしい体育・スポーツ』 11月号№296 片本実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』11月号の片本宏茂さんの実践を読みます。 11月号は実践記録が中心で,本当にためになる号だ。 この片本実践は割とオーソドックスな体育同志会の実践記録だと思ったのですが,ブログの記事にす…

末吉小学校・菊池淨先生のお話7

こんにちは。石田智巳です。 11月5日に5を,6日に6を書いてから他の記事を載せたりしていたので,菊池先生のお話は飛び飛びになってしまいました。 6では遠泳の話を書いたのですが,八丈島で泳ぐということは,海で泳ぐということであり,それはオリンピック…

『たのしい体育・スポーツ』 11月号№296 殿垣実践を読む2

こんにちは。石田智巳です。 今日は,一昨日アップした殿垣哲也さんの実践記録の,後半部分を読みます。 この実践記録でも,殿垣さんの最初のナラティヴが書き換えられ,さらに書き換えられています。 最初のナラティヴの書き換えとは,「授業おもろない」と…

『たのしい体育・スポーツ』 11月号№296 殿垣実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,兵庫の殿垣哲也さんの実践を読みます。 それにしても,この11月号は実践記録が多いので読み応えがあります。 そして,うっかりしていたのですが,この号には僕も書いていました。 夏のみのお大会の研究まとめでした。 そ…

和歌山支部例会に参加しました。

こんにちは。石田智巳です。 11月8日の日曜日は,和歌山市で開催された体育同志会の和歌山支部例会に参加しました。 この例会は,和歌山支部ニュース10月号に案内が載っており,参加を決めました。 今日はこの例会に出て考えたことを書きます。 写真のミカン…

『たのしい体育・スポーツ』11月号№296号 本田亮平実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』11月号の本田実践を読みます。 僕は,この方を知らないのですが,そして他にも記事はあるのですが,なぜかこの実践記録を読んで書こうと思いました。 なぜなのかは,書き終わるころに分かると…

末吉小学校・菊池淨先生のお話6

こんにちは。石田智巳です。 今日は元末吉小学校の菊池淨先生から送られてきたお話です。 遠泳の話が3つなのですが,ひとつだけ載せてみます。 写真は,娘が同級生の住むお隣さんに芋掘りに連れて行ってもらい,芋以外にもいろいろいただいたので撮りました…

末吉小学校・菊池淨先生のお話5

こんにちは。石田智巳です。 今日は末吉小学校の菊池淨先生のお話です。 前回の4では,踊りの話をしましたが,今日はその続きです。 では,どうぞ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おどり その3題 先生…

『たのしい体育・スポーツ』 11月号が届きました。

こんにちは。石田智巳です。 今日は文化の日,でも会議があるので出勤です。 さて,11月2日に『たのしい体育・スポーツ』11月号が届きました。 最初の月曜日にきっちり届きました。 今日はこの号をざっと読んで,一番面白かった原稿を紹介します。 では,ど…

末吉小学校・菊池淨先生のお話4

こんにちは。石田智巳です。 実は,菊池先生からはいくつかメールをいただき,昔のお話をいろいろ教えてもらっていたのですが,こちらの方で消化し切れていないということもありまして,かなりタイムラグができてしまいました。 このブログではよくあるので…

日本教科教育学会に参加(1日目)

こんにちは。石田智巳です。 10月24日と25日は広島大学で日本教科教育学会が開催されました。 今日は,1日目の話です。 僕も学会発表をしました。 では,どうぞ。 金曜日は会議が終わったあと,急いで駅まで行って、電車を乗り換えて,新幹線に乗る。 6時過…

末吉小学校・菊池淨先生のお話3

こんにちは。石田智巳です。 今日は,またまた八丈島の菊池淨先生から面白いお話を聞かせてもらいましたので,その話です。 こういうお話を聞くと,体育って何だろう,学校教育って何だろうって考えさせられます。 今日は,器械運動の話です。 菊池先生のお…

末吉小学校・菊池淨先生のお話

こんにちは。石田智巳です。 先日また,菊池淨先生からメールをいただきました。 メールにはお話と絵がセットになっています。 今日は,この話を紹介したいと思います。 では,どうぞ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

末吉小学校の話(菊池先生のメールより)

こんにちは。石田智巳です。 今日は,八丈島にあった末吉小学校の話です。 奇跡の学校というのは大げさかもしれませんが,あるときに偶然と必然とが重なって,ユニークな教師たちが集まっておもしろい取り組みをした学校です。 今日は,その中の中心自分物の…

昔話「末吉小学校」を読む7

こんにちは。石田智巳です。 今日は,菊池淨先生の「昔話『末吉小学校』」を読みます。 7回目になるのですが,全然進みませんね。 でも,僕は平成に入ってから教える文化がなくなってきたことを考える時に,この話は「教えることの復権」として,また戦後民…

昔話「末吉小学校」を読む6 菊池先生からメールをいただきました。

こんにちは。石田智巳です。 9月にほとんどブログの更新をしなかったわけですが,となると「昔話『末吉小学校』」も5でストップしてしまっていました。 そうしたところ,9月27日に菊池淨先生からメールをいただきました。 昔話の補足ということですが,途中…

研究会に参加しました2

こんにちは。石田智巳です。 昨日は,森敏生さんの科研の研究会の一日目の様子をお伝えしました。 今日は2日目の様子です。 では,どうぞ。 朝は,6時に起きる。 着替えて走りに行く。 実は,水,木と走っていないのだ。 忙しくて走るヒマもないというわけで…

大阪で健康教育の実践を読む会に参加しました2

こんにちは、石田智巳です。 今日は大津紀子さんの実践の報告です。 誰がなんといっても、今日書きます。 では、どうぞ。 会場のプリズムホールに着くと、大津さんはすでに来ておられた。 簡単な挨拶をして、僕はすでに来られていた愛知の堤吉郎さんと少し話…

大阪で健康教育の実践を読む会に参加しました1

こんにちは。石田智巳です。 8月19日は、大阪の八尾で「どこでもドアⅢ」という健康教育実践の記録集を読む会が催されて、行ってきました。 僕は、その日は25日に行われる学生のキャンプの会議に出なければならないので、午前中だけの参加となりました。 大…

『戦後の日本の教育と教育学』(かもがわ出版)について

こんにちは。石田智巳です。 今日は,教育科学研究会編『戦後日本の教育と教育学』(かもがわ出版,2014)の紹介です。 先日(ずいぶん前のことです。すみません。),この本のことを書こうと思ったのですが,違う中味を書いてしまいました。 しかも,この記…

石原千秋『未来形の読書術』を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,石原千秋さんの『未来形の読書術』を読んだので,思ったことを書きたいと思います。 では,どうぞ。 「読書術」なんて,まるで中学生か高校生が読むような本みたいだ。 でも,確かにそうなのだ。 「プリマ-」だからね。…

『たのしい体育・スポーツ』 7.8月合併号(№293) 新井友彦実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』7.8月合併号の新井実践を読みます。 先日も書きましたが,新井さんは昨年のみやぎ大会で報告する予定だったのですが,仕事の都合でキャンセルされました。 そのときの記録がバレーボールの記…

『たのしい体育・スポーツ』 7.8月合併号(№293) 堀江なつ子実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのスポ』7.8月合併号を読んでいきます。 8本ある「実践のひろば」の最初にきているのが,山梨の堀江さんの実践です。 今日はその堀江さんのバスケットボールの実践の記録,「最重要空間を意識した5人のゲーム」です…

大津紀子さんの実践記録(健康教育)が届きました。

こんにちは。石田智巳です。 今日は,どこまで書けるかわからないのですが,大阪の大津紀子さんの実践を取り上げたいと思います。 大津さんはご病気のために,今は現職ではありません。 現職最後に行った実践記録をみのお大会で報告することになっています。…

『たのしい体育・スポーツ』 6月号(№292)が届きました。 でも上野山さんの実践を読みます。

こんにちは。石田智巳です。 6月1日にキチンと『たのしい体育・スポーツ』が届きました。 月がかわって,月曜日に『たのスポ』が届くと何となく嬉しいですね。 では,どうぞ。 6月号が届いた。 この記事は,書いてから少し寝かしてしまった。 一通り目を通し…

『体育科教育』の連載の話3

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『体育科教育』に連載している実践記録の舞台裏についてです。 では,どうぞ。 ちょっと思うことがあって,このブログに,実践記録の連載の話を書こうと思った。 そのときに,タイトルとして,「『体育科教育』の連載」…

竹内常一『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』を読む3

こんにちは。石田智巳です。 今日もまた,竹内常一さんの実践記録批評を読みます。 もとの実践記録を読んで書きたいところですが,よその研究団体の文章を僕がわざわざ批評するのも変なので,竹内さんの批評を読むことにします。 では,どうぞ。 先日,東京…

『たのしい体育・スポーツ』 5月号(№291) 「プール上屋実践」を読む

こんにちは。石田智巳です。 5月 23日の土曜日は,東京にいてブログ更新に失敗しました。 そのため,アップされない日ができてしまいました。 今日は,そのときにアップするはずだった記事です。 ということで,今日は『たのしい体育・スポーツ』2015年5月号…

『たのしい体育・スポーツ』 5月号(№291) 古川実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』2015年5月号の古川実践を読みます。 これもまた面白い報告です。 読み終わったあとに,「A」という評価をつけたぐらいでした。 では,どうぞ。 『たのスポ』5月号の特集は,今さらだし,くど…

竹内常一『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』を読む2

こんにちは。石田智巳です。 今日も,竹内常一さんの『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』(桜井書店,2003)を読みます。 中でも今日は,第5章「友だちのいるクラス」を読みます。 では,どうぞ。 考えてみると,僕は変なことをや…

竹内常一『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』を読む1

こんにちは。石田智巳です。 今日は,竹内常一さんの本『おとなが子どもと出会うとき 子どもが世界を立ちあげるとき』(桜井書店,2003)を読みます。 この本は,竹内さんが,実践記録を分析し批評した本で,とても勉強になります。 確かに,表層の物語にお…

『たのしい体育・スポーツ』 5月号(№291) 松崎実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は『たのしい体育・スポーツ』2015年5月号の松崎結さんのサッカーの実践を読みます。 とても好感の持てる実践記録でした。 是非,直接読んでみてほしいと思います。 では,どうぞ。 読み応えのある実践記録というのは,そん…

『たのしい体育・スポーツ』 5月号(№291) 雑賀実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,『たのしい体育・スポーツ』の2015年5月号の雑賀梓さんの実践を読みます。 タイトルは,「ベテラン先生の援助を受けながら取り組んだ1・2年生のマット遊びの体育実践」です。 では,どうぞ。 最近,忙しくなってきたとい…

教科内容研究と子ども研究は違う次元のものなのか?

こんにちは。石田智巳です。 今日は,タイトルに書いたように,教科内容研究と子ども研究は別々のものなのかについて考えてみたいと思います。 では,どうぞ。 僕は体育同志会の研究の課題の一つに,子ども研究というものがあると思っている。 ところが,子…

『一ノ蔵』4月号を読む3 -子どもに寄り添う実践を読む

こんにちは。石田智巳です。 今日は,これで3回目になるのですが,『一ノ蔵』(宮城支部ニュース)4月号を読みます。 矢部ちえ子さんの記録です。 タイトルが「『子どもに寄り添う』がやっと分かった!!~6年生 3度目の正直~」です。 では,どうぞ。 ちえ子…

一ノ蔵(体育同志会宮城支部ニュース) 4月号を読む2

こんにちは。石田智巳です。 今日もまた,体育同志会の宮城支部機関誌「一ノ蔵」を読んでみます。 今日は4月例会の様子です。 矢部夫妻の中味がとても面白いので,これを読むことにします。 では,どうぞ。 前に4月号を読んだときは,表紙の写真と1枚めくっ…

舞踊に関する話2 実践記録の読み解き

こんにちは。石田智巳です。 今日は昨日に続いて,舞踊の話を書きます。 舞踊の話といっても,みかぐらがどうの,荒馬がこうの,という話ではありません。 竹内常一さんの実践の読み解き方に納得したので,そのことを書いてみます。 では,どうぞ。 3月に福…

舞踊に関する話 その1

こんにちは。石田智巳です。 今日は,なぜか舞踊に関する話です。 僕自身は踊るという経験がないし,教えた経験もないのですが,2つの話を読んだので,それを文章にしてみたいと思います。 今日は一つ目の話です。 踊りを教えるということの1つの方法だと思…

体育の授業研究と実践記録のこと

こんにちは。石田智巳です。 昨日は,実践記録の連載で悩んでいることを書きました。 書くとあんまり悩んでいないように思われますね。 昨日,出原さんの「『みんながうまくなること』を教える体育」の話を出しました。 その話から少し広げてみたいと思いま…

『体育科教育』5月号 石井実践 「大都市の学校でみえる子どもの貧困と体育実践-個人走から協同のリレーへ」を読む

こんにちは。石田智巳です。 昨日は,『体育科教育』の5月号の「責任学習モデル」に関わる報告を読みました。 今日は,同じ号の1つ前にある石井実践を読もうと思います。 ラン友の石井ちゃんの実践です。 では,どうぞ。 「子どもの貧困と体育」というタイト…

http://tomomiishida.hatenablog.com/